文字列を指定バイト数でカットするLeftB()関数

カテゴリ: VB6.0
投稿日時:2008/12/24 14:24:16
文字列を指定バイト数でカットする関数です。

Public Function gfunLeftB(ByVal vstring As String, ByVal vintByteLength As Integer) As String

    gfunLeftB = Replace(StrConv(LeftB(StrConv(vstring, vbFromUnicode), vintByteLength), vbUnicode), Chr(0), "")

End Function

gfunLeftB("aあa", 1)は"a"を返します。
gfunLeftB("aあa", 2)は"a"を返します。
gfunLeftB("aあa", 3)は"aあ"を返します。
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク